長崎大学・環境科学部・環境地下水学研究室


地下水は、年間を通して水温が一定で、水質が良好であることや、利用コストも低いため、工業用水や農業用水また水道用水として古くから利用されてきました。しかし、近年、このような貴重な淡水資源である地下水の汚染が国内外で多数、報告されています。地下水の汚染の状況を調べて、その対策を講じるためには、地下水がどのように流れ、周囲の土壌や岩盤と接触し、どのような反応を起こしているのか、どのように地下環境中を拡がっていくのかを知ることが必要です。 そこで、本研究室では、フィールドにおける試料のサンプリングや、室内実験、サンプリングしてきた試料の分析、数値シミュレーションといった様々な手法を駆使して、地下環境における水や物質の挙動について調べ、地下水環境の保全に資する課題に取り組みたいと考えています。

特に島原を主なフィールドとして研究に取り組んでいます。

The Shimabara-peninsula groundwater is heavily contaminated by nitrate. The input, transport, and fate of groundwater contaminants are of particular importance for Shimabara residents given that groundwater is used for water supply. Thus, our research interests focus on characterization, transport mechanisms, fate, and pollution control measures of groundwater. We contribute to conservation of groundwater environment using techniques such as field sampling, chemical analyses, lab-experiments, and numerical modeling.

今年度(2018年度)は、学部3年生から大学院博士課程までの総勢10名が研究に取り組んでいます。

■(写真) 2014年度研究室メンバー


研究室メンバー

・教授:中川 啓

日本の研究のデータ

google scholarのデータ

研究者総覧のデータ

----- 大学院生(水産・環境科学総合研究科)-----

・DC3:天野弘基

・MC2:山本紘平・志強

・MC1:(募集中)

----- 学部生(環境科学部)-----

・BC4:竹盛匠吾・有村拓也・毛セン・村井和也(休)

・BC3:青木友佑・井村友美・倉本菜摘

第1期生(2011年度)

第2期生(2012年度)

第3期生(2013年度)

第4期生(2014年度)

第5期生(2015年度)

第6期生(2016年度)

第7期生(2017年度)

第8期生(2018年度)

第-期生(-年度)

第-期生(-年度)

第-期生(-年度)

第-期生(-年度)


現在進行中のプロジェクト(科研費など)

・(科研費)基盤研究(B) 熊本地震による地下水環境変化の全容解明、2017〜2020年度、分担(代表:細野高啓)

・(科研費)国際共同研究加速基金(国際共同研究強化) 地域の地下水汚染の現状と対策効果を見える化する、2017〜2019年度、代表


リンク